高知県高知市朝倉戊375-1 高知県ふくし交流プラザ内
TEL.088-844-9007FAX.088-844-3852

保育士修学資金について

この制度は、保育士指定養成施設に在学し、保育士の資格取得を目指す学生に対し修学資金を貸し付け、もってこれらの者の修学を容易にすることにより、質の高い保育士の養成確保に資することを目的とするものです。
★保育士養成施設に就学される方へ
!NEW!平成31年度の修学生募集について
 【一次募集】 募集期間 平成31年2月1日(金)〜平成31年2月18日(月)
 【二次募集】 募集期間 平成31年4月1日(月)〜平成31年5月10日(金)
※年度途中で家計の経済状況が急変した場合など、修学資金が必要な理由が生じた場合は、ご相談ください。


詳細については、募集要項をダウンロード↓
平成31年度高知県保育士貸付募集要項
保育士修学資金様式集(申請時必要様式)
保育士修学資金所得基準
個人情報取扱概要説明書
高知県保育士修学資金等貸付要領
保育士修学資金等様式集 (全様式)

保育士に対する就職準備金貸付・保育料の一部貸付・子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付

この制度は、保育士の離職防止、保育士として勤務していない方の再就職支援を図るために、未就学児をもつ保育士の子どもの保育料や再就職のための準備に必要な費用を貸付けることにより、保育人材の確保を図ることを目的とするものです。

チラシ
1 未就学児を持つ保育士に対する保育料の一部貸付事業
次の(1)及び(2)のすべての要件を満たす者
(1)高知県内に住民登録している者
(2)次のいずれかに該当する者で、かつ保育士として週20時間以上の勤務を行う者
 ア 未就学児を持つ保育士であって、次の(ア)から(ケ)のいずれかの施設又は事業(以下「保育所等」という。)に新たに
  勤務する者
  (ア)児童福祉法第7条に規定する保育所
  (イ)学校教育法(昭和22年法律第26号)第1条に規定する「幼稚園」のうち次に掲げるもの
    a 教育時間の終了後等に行う教育活動(預かり保育)を常時実施している施設
    b(ウ)に定める「認定こども園」へ移行を予定している施設
  (ウ)就学前の子どもに関する教育、保育等の総合的な提供の推進に関する法律(平成18年法律第77号)第2条第6項
   に規定する「認定こども園」
  (エ)児童福祉法第6条の3第9項から第12項までに規定する事業であって、同法第34条の15第1項の規定により市町村
   が行うもの及び同条第2項の規定による認可を受けたもの 
  (オ)児童福祉法第6条の3第13項に規定する「病児保育事業」であって、同法第34条の18第1項の規定による届出を
   行ったもの
  (カ)児童福祉法第6条の3第7項に規定する「一時預かり事業」であって、同法第34条の12第1項の規定による届出を
   行ったもの
  (キ)子ども・子育て支援法(平成24年法律第65号)第30条第1項第4号に規定する離島その他の地域において特例保
   育を実施する施設
  (ク)児童福祉法第6条の3第9項から第12項までに規定する業務又は第39条第1項に規定する業務を目的とする施設
   であって法第34条の15第2項、第35条第4項の認可又は認定こども園法第17条第1項の認可を受けていないもの(認
   可外保育施設)のうち、地方公共団体における単独保育施策(いわゆる保育室・家庭的保育事業に類するもの)におい
   て保育を行っている施設
  (ケ)企業主導型保育事業
 イ 保育所等に雇用されている未就学児を持つ保育士であって、産後休暇又は育児休業から復帰する者

○貸付額
未就学児の保育料の半額(月額27,000円を上限)
○貸付期間
勤務を開始した日から起算して1年間(勤務している期間に限る)
○返還免除について
貸付終了後、高知県内の保育所等において児童の保護等に従事し、かつ2年間当該業務に従事した場合等。

▼貸付けを申請される方はこちらをダウンロード
募集要項
申請様式
2 就職準備金貸付
次の,らのすべての要件を満たし、かつ県内において週20時間以上の勤務を行う者とする。
(欅藥療佻晋紕映以上経過した者又は保育士登録が行われてからの期間が1年未満の者のうち、養成施設の卒業若しくは保育士試験の合格から1年以上経過した者
∧欅藹蠹の施設又は事業を離職後1年以上経過した又は事業に勤務経験のない者
J欅藹蠹に新たに勤務する者

○貸付額
20万円以内で1回限りとする。
○返還免除について
高知県内の保育所等において児童の保護等に従事し、かつ2年間当該業務に従事した場合等。

▼貸付けを申請される方はこちらをダウンロード
募集要項
申請様式
3 未就学児をもつ保育士の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付
未就学児を持ち、保育所等を利用している保育士であって、保育所等における勤務の時間帯により、ファミリー・サポート・センター事業、ベビーシッター派遣事業等の子どもの預かり支援事業利用料金の一部貸付を行う。

○貸付額
子どもの預かり支援事業を利用した料金の半額とし、年額12万3千円以内。(2年間を限度とする。)
○返還免除について
高知県内の保育所等において児童の保護等に従事し、かつ2年間当該業務に従事した場合等。

▼貸付の申請を希望される方は、こちらをダウンロード
募集要項
申請様式
貸付方法や事務手続きの詳細については、貸付要領をご覧ください。
高知県保育士修学資金貸付要領
保育士修学資金様式集 (全様式)

保育補助者雇上費貸付

この制度は、保育士資格の新規取得者の確保を図るため、保育士資格を持たない保育所等に勤務する保育補助者の雇い上げに必要な費用を貸付けることにより、保育人材の確保を図ることを目的とするものです。

チラシ
○貸付対象
新たに保育補助者の雇上げを行う以下の施設又は事業者で、次の,らイ里い困譴に該当する施設等。
(欅藹蝓蔽亙公共団体が運営するものを除く)
⇒鎚殤携型認定こども園(地方公共団体が運営するものを除く)
小規模保育事業を行う者
せ業所内保育事業を行う者
ゴ覿伴臚碍進欅藥業を行う者

※既に雇用している保育補助者について、保育士資格の取得に施設として取り組んでいる場合で、その者の資格取得後に別の保育補助者を雇用する計画を提出している施設等についても、貸付の対象とすることができます。

○貸付額
年額2,953,000円以内(3年間を限度とする。)
※ただし、条件を満たした保育施設又は事業所において、2人以上の保育補助者を雇用する場合は、
年額2,215,000円以内を加算し、貸付額を年額5,168,000円以内とすることができます。
○返還免除について
貸付を受けた施設等において保育補助者が保育の補助等に従事し、かつ貸付けを受ける期間中に
保育士資格を取得したとき、又当該貸付終了後1年の間に保育士資格を取得することが見込まれる
場合等

▼貸付けを申請される場合は、こちらをダウンロード
申請様式
貸付方法や事務手続きの詳細については、貸付要領をご覧ください。
貸付要領
様式集

このサイト内でのご意見・お問い合わせはこちらまでご連絡ください。
Copyright(C)2019Kochi Prefecture Council of Social WelfareAll Rights Reserved.