文字サイズ  
背景色  
夫婦

生活福祉資金特例貸付 のご案内

家族
公開日:2021/02/05  最終更新日:2022/06/14

新型コロナウイルス感染症の影響による生活福祉資金特例貸付の返済(償還)免除のご案内

お知らせ

新型コロナウイルス感染症の影響による生活福祉資金特例貸付(緊急小口資金・総合支援資金初回貸付)をご利用された方に、令和4年6月から返済(償還)免除のお知らせと申請書を順次郵送しています。

 

 

 

必要書類や免除の条件など詳細について必ずご確認ください。

免除のご案内

返済免除になるかどうかの確認方法

 

 

がいこくじんのみなさんへ

返済(償還)免除(おかねをかえさなくてもいい)を もうしこむ ひと へ

Repayment Forgiveness of Special Loan Funds

Flowchart

 

 

 

郵送対象の方

①令和4年3月31日までに緊急小口資金(最大20万円)をご利用された方

②令和4年3月31日までに総合支援資金初回貸付(最大20万円×3ヶ月)をご利用された方

 

※令和4年4月1日以降に緊急小口資金と総合支援資金をご利用された方は来年が対象になります。

※総合支援資金の追加分(最大20万円×3ヶ月分)と再貸付(最大20万円×3ヶ月分)をご利用された方は来年度以降のご案内になります。ご注意ください。

 

Q&A

Q.緑色の封筒で私あての免除の申請書をもらいました。私は免除になるのですか?

A.住民税が非課税で、申請すると免除の可能性があります。封筒を受け取ったからといって免除になるわけではありません。ご了承ください。

 

Q.住民税の非課税とはどういうことですか?

A.住民税には2種類あり、所得割と均等割があります。この2つともが非課税(0円)ということです。

 

Q.住民税が非課税かどうか教えてください。

A.社会福祉協議会ではあなたの住民税についてはわかりません。お手数ですがお住まいの市役所や町村役場が発行する証明書でご確認ください。

 

Q.住民税を払い始めた。免除にはならないですか?

A.今回の免除では令和3年度か令和4年度が非課税である方が免除対象となります。どちらかが非課税であれば対象になるので、両方の年度で払っていたかどうか確認されることをおすすめします。

 

Q.緊急小口資金と総合支援資金でそれぞれ2枚ずつ住民税と非課税書類を用意しないといけないですか?

A.2種類とも同じ書類が必要な場合であれば1枚ずつでかまいません。

 

Q.今回免除申請すれば、借りているもの全てが免除になりますか?

A.今回の免除では、緊急小口資金と総合支援資金の初回貸付のみが免除となります。総合支援資金の延長貸付(追加の3ヶ月分)と再貸付(さらに追加の3ヶ月分)をご利用された方は来年以降に免除開始になります。

 

申請方法

申請書と必要な書類を揃えて、現在お住まいの高知県内市町村社協にご提出ください。

 

制度に対するご意見・ご質問等は、厚生労働省設置のコールセンターへ

0120-46-1999(平日9:00~17:00)

 

 

新型コロナウイルス感染症の影響による生活福祉資金特例貸付 のご案内

※受付期間が緊急小口資金及び総合支援資金(初回)については令和4年8月末まで延長されました

特例貸付の案内チラシと連絡先はこちら

 

◆新型コロナウイルスに係る特例貸付を借りられた皆様へ

 

○特例貸付の返済開始は、借入から原則1年後となっていますが、厳しい経済状況が続いているため、返済開始時期を一律で令和5年1月以降とすることが、厚生労働省において決まりました。

○該当する方につきましては、後日、改めて郵送にてご案内いたしますので、詳細はそちらでご確認をお願いいたします。

〇据置期間延長についてのご案内チラシはこちら

 

 

 ○緊急小口資金(一時的な資金が必要な方)

   貸付額 :10万円(特に必要な場合は20万円)

   貸付期間:1世帯1回

   →申込書等の様式はこちら

 ○総合支援資金(生活の立て直しが必要な方)

   貸付額 :単身世帯15万円(月額)

   二人以上世帯20万円(月額)

   貸付期間:原則3ヶ月以内

   →申込書等の様式はこちら

tel お問い合わせ先

高知県社会福祉協議会 福祉資金課
高知県高知市朝倉戊375-1 高知県立ふくし交流プラザ内4階
TEL.088-844-4600 FAX.088-844-3852