文字サイズ  
背景色  
夫婦

【オンライン研修】高知県高齢者、障害者 虐待防止・権利擁護(施設長・管理者)研修のお知らせ

家族
公開日:2021/06/14  最終更新日:2021/06/14

【研修目的】

施設・事業所において虐待防止の取組を進めるためには、虐待行為そのものの防止にとどまらず、利用者の自立や尊厳の保持、意思決定支援を前提としたケア提供の徹底、職員のやりがいと働きやすさを重視した職場づくりなど総合的な観点で進めることが必要です。

令和3年度の報酬改定では、高齢者・障害者の各分野において虐待防止の取組強化が盛り込まれ、全ての施設・事業所において、虐待防止のための①委員会の設置・開催、②指針の整備、③職員への研修の実施、④担当者の設置が義務づけ(※)られました。今後、施設・事業所においては、これらの取組を形骸化させず、実効性のある運用をしていくことが重要と言えます。

そこで、本研修は、権利擁護や虐待防止の基本的考え方を理解し、今般の義務化の趣旨と虐待防止の取組のポイント、施設長・管理者の役割について学ぶことを目的に開催します。

(※)高齢者分野、障害者分野で一部内容が異なり、それぞれで経過措置期間が定められています。

 

【対象】

高齢者及び障害者施設・事業所等の施設長・管理者 等

(組織での虐待防止を推進していく立場の人)

 

【日時】

令和3年7月15日(木)10:00~16:00

  ※30分前からZoomにて入室可能です。

 

【申込締切】

令和3年6月29日(火)必着

 

 

〇くわしくは下記リンク先(高知県福祉研修センター)をご覧ください。

 

高知県 高齢者、障害者 虐待防止・権利擁護(施設長・管理者)研修について

 

 

 

tel お問い合わせ先

高知県社会福祉協議会 権利擁護センター
高知県高知市朝倉戊375-1 高知県ふくし交流プラザ内4階
TEL.088-850-7770 FAX.088-844-3852