文字サイズ  
背景色  
夫婦

福祉用具について

家族
公開日:2022/12/28  最終更新日:2023/01/27

 

福祉用具展示コーナーご案内

福祉用具展示コーナーは、福祉用具を使用されるご本人やそのご家族、支援者等のみなさまが実際に福祉用具を見て使ってみることで、より適切な福祉用具を選んでいただくことを目的に、展示、相談、試用貸出を行っています。

 

《総合相談》

福祉用具のみならず、介護保険制度や介護全般に関する相談に応じます。
また、展示品の試用貸出や展示コーナーの見学もお気軽にお声かけください。
※試用貸出は原則2週間以内(無料です。)

 

【福祉用具一覧(随時追加)】※↓各項目をクリックするとご覧になれます。

①動く

②介助する

③入浴

④寝る

⑤排泄

⑥食べる.調理する

⑦子供用用具

⑧身につける

⑨聴く・伝える

⑩見守る

⑪便利に暮らす

⑫座る

 

Zoomによるオンライン相談も可能です。

相談対応時間:10001600(ふくし交流プラザ休館日を除く)

相談時間は30分以内とさせていただきます。

下記のメールの「お問合せはこちら」より、ご希望の日程等お知らせください。

(こちらからご連絡差し上げます。)

 

《専門相談》

福祉用具に詳しい専門家のアドバイスを受けてみませんか。

身体や生活に合った用具選択の助言+床ずれ予防や車いす、排泄用具の選び方や口腔ケアなど、その他専門分野の相談も可能です。

 

1月~3月のスケジュールはこちら⇒チラシ専門相談員のお知らせ(2023年1-3月)

 

《高齢者疑似体験》

 サポーターや重りなどを装着して、75~80歳の高齢者と同じような身体状態となることで、高齢者を理解しコミュニケーションの取り方や関わり方を体験的に学ぶプログラムです。

高齢者疑似体験はこちら⇒高齢者疑似体験

 

《VR認知症疑似体験》

 認知症の症状のVR(ヴァーチャルリアリティ)での体験と当事者のインタビューを

ご覧いただけます。

①視空間の失認の症状

②レビー小体認知症の幻視を再現

 (50歳でレビー小体型認知症と診断された樋口さんのインタビューあり)

③電車でどこでおりるのかわからなくなる状況を体験

 (39歳で認知症と診断された丹野智文さんのインタビューあり)

 VR認知症チラシ

 

 

高知ふくし機器展の開催について

高知ふくし機器展は、高齢者や障害者の生活を豊かにすること、ケアする側の介護技術の向上などを目的に例年開催しています。

 

令和4年度はふくし総合フェアをぢばさんセンターにて

11月18・19日に開催しました。

ご来場ありがとうございました。

 

キッズ☆バリアフリーフェスティバル2022について

今年度は、新型コロナウィルスへの感染対策も実施しながら、「WEB+会場開催型」で開催しました。会場では、福祉機器の展示を子どもの発達支援のブースのみ展示を行いました。

 

tel お問い合わせ先

高知県社会福祉協議会 いきいきライフ推進課 福祉用具展示コーナー
高知県高知市朝倉戊375-1 高知県立ふくし交流プラザ内1階
TEL.088-844-9271 FAX.088-844-9411